六角穴加工 旋盤 で六角穴や四角穴を加工するツール
トップページ > 六角穴加工 > Q&A

Q&A

Q1 どのような機械で使われていますか?
Q2 ミーリング機能の無い旋盤で使用できますか?
Q3 被削材の種類と硬度はどの程度まで実績がありますか?
Q4 精度要求の厳しい六角穴加工ができますか?
Q5 切削油剤は必要ですか?
Q6 注意すべき点を教えてください。
Q1 どのような機械で使われていますか?
A1 主にCNC旋盤で使用されています。
汎用旋盤やMCで使うこともできます。
Q2 ミーリング機能の無い旋盤で使用できますか?
A2 使用できます。旋盤で使用する際には工具側を回転させる必要はありませんのでボーリングバーホルダ等に取り付けて加工することができます。
Q3 被削材の種類と硬度はどの程度まで実績がありますか?
A3 黄銅・銅・アルミニウムはもちろん、鉄やステンレスでも実績があります。目安としてHRC24未満で引っ張り強度が60kgf/㎜2以下のものに向いています。
Q4 精度要求の厳しい六角穴加工ができますか?
A4 六角レンチ用の穴を作ることを想定し設計されたツールなので要求精度がうるさいワークには適しません。
Q5 切削油剤は必要ですか?
A5 はい必要です。HSSの刃物を使用している為、ウェット加工を推奨します。
Q6 注意すべき点を教えてください。
A6 ①ツールとワークのセンターが一直線であること
②下穴の深さと大きさが十分であることの2つは特に重要です。
トップページ > 六角穴加工 > Q&A