会社案内
会社案内トップご挨拶 会社概要 沿革 地図・アクセス 環境方針 リンク集
            

沿革

1947年の創業では、大手製造業各社を、ユーザー様とする機械工具商として発足しました。その後、製造拠点を設け独自技術を用いた自社製品の開発販売、及び特色ある輸入工具の販売を手がけるなど、業界の中でも、特徴的な地歩を築いています。

昭和22年 東京都中央区八丁堀にて山田商店創立
昭和26年 埼玉県大宮市に支店開設。ナンバリングヘッドの販売開始
昭和27年 東京都千代田区神田岩本町27番地に本店を移転、大宮支店を本社に併合
昭和28年 株式会社山田商店に改組
昭和35年 埼玉県川口市北町1丁目72番地に工場完成、自動盤の生産開始
昭和38年 埼玉県与野市に工場を完成
昭和43年 ナンバリングヘッド及び各種刻印機の自社生産を与野工場で開始
山田マシンツール株式会社に改称
昭和49年 東京都台東区に本社ビル完成
昭和52年 CNC治具フライスを明治大学工学部産学協同により製作、千葉大学工学部に納入
昭和54年 海外に刻印機の輸出を開始
昭和57年 ボラゾン砥石ドレッシング装置を最初に国産化し販売を開始
昭和58年 与野工場の第1次増築工事完了
平成 5年 与野工場の第2次増築工事完了
平成 6年 レーザースキャニングによる打刻文字読取り検査装置の生産開始
平成 7年 同上第1号機完成、自動車メーカーに納入
平成 8年 SWAROVSKI OPTIK社とクイックナーリングツールの国内総代理店契約を締結
冷風研削・切削装置CAGシステムの開発に参画し販売を開始
TECHNIFOR社のマーキング装置の販売を開始
平成 9年 エアペンを開発、第一号機を車載用エンジンラインに納入
平成10年 製販技の連携円滑化のため、マーキングシステム営業部を与野工場内に移管
平成11年 さらに製販技の一体化を計り、マーキングシステム営業部と与野工場を統合し、マーキングシステム事業部(MS事業部)とする
高津工場をMS事業部に統合
平成14年 Alco社とネジ転造工具の国内総代理店契約を締結
平成19年 環境ISO:14000を本社及び与野工場で取得
平成20年 福島県郡山市に東北営業所を開設
平成20年12月 YAMADA Machine Tool (Thailand) Co.,Ltd.を設立