バリ取り 加工時間を大幅に短縮させるバリ取り技術 瞬速 SHUNSOKU
トップページ > バリ取り

バリ取りの改革

せっかく工程を改善して加工時間を短くしても、バリ取りに時間と人手をとられてしまう…そんな経験はありませんか?方法は色々あるけれども、決め手がなかなか無いバリ取り。
YAMADAはバリ取りの精度向上・自動化に役立つ専用ツールを取り扱っています。バリ取りにお困りの時は、是非ご相談ください。



バリ取りツール、バリ取り工法の紹介

現在YAMADAでは2種類のバリ取りツールと1種類のバリ取り工法をメインにご紹介しています。いずれも交差穴のバリを加工機の中で処理でき、大幅なタクト短縮に役立つツールです。

バイヤーハイスピードデバリングツール(HSD)

軸穴から挿入し、複数の交差穴のバリをワンパスで除去できる画期的なツールです。クーラントやエアーでブレードの圧力を調整する新機構を使用しているので、2次バリなどのリスクも回避できます。

バーカットBC

ドリリング可能な全ての機械に取り付け可能なバリ取りツールです。小径・斜めなどバリ取りの難しい交差穴にも対応できます。複雑な設備等を必要とせず、比較的ローコストで導入可能なツールになります。

NIPPS工法

NIPPS工法は、従来の考えを根底から覆す新技術として注目を集めています。
今まで外側から穴開けしていた方法を、内側から開ける事により、内バリを出さないという画期的な考えを用いた工法です。



各ツールの詳細は製品ページをご覧ください。
トップページ > バリ取り