ねじ転造 様々なワークに対応するねじ転造技術 硬質 KOHSHITSU
トップページ > ねじ転造 > Alco転造ヘッド

Alco転造ヘッド

Alcoの紹介

Alcoねじは転造すると強度が上がり、防錆効果が出たりするなどのメリットがあります。しかし従来導入には転造機が必要であったりするなど大変な部分がありました。  
Alco転造ヘッドはNC旋盤やMC・トランスファマシンなどの既存の設備内で使用できるねじ転造ツールです。単独工程だった転造をNC旋盤などに組み込むことで大幅な工程短縮が可能です。更に前工程からワンチャックで加工するので、同芯度も向上します。


Alco転造ヘッドの特長

Alcoねじ転造ヘッドはNC旋盤、タレット旋盤、多軸旋盤、トランスファマシン、ボール盤、専用機などに取り付けて使用する転造ツールです。転造ヘッドにはワーク正面から加工するアキシャルヘッドと、ワーク側面から加工するタンジェンシャルヘッドの2種類があります。
アキシャルヘッドは端面から導入し、ねじ転造します。螺長が自由に設定できるのが特長です。転造が完了するとクラッチ機構でヘッドが開きワークを放します。これにより早戻しが可能です。
タンジェンシャルヘッドは側面から入り、材料の芯と垂直方向に切り込みます。アキシャルヘッドでは扱えないセンタ押しワーク等の加工も可能です。


転造ヘッドの取り付け

ネジ転造−転造ヘッドの取り付け 取り付けの一例として右の写真の通りアキシャルヘッドはタレットの水平方向にタンジェンシャルヘッドは垂直方向に取り付けます。タレットは旋回するので緩衝を避けるためにもヘッドの寸法表を参考にして、ヘッドの突出し量を旋盤の仕様図と照らし合わせてください。
トップページ > ねじ転造 > Alco転造ヘッド