ねじ転造 様々なワークに対応するねじ転造技術 硬質 KOHSHITSU

Q&A

ねじ転造に関し、お客様からよく頂戴するご質問とその回答です。 お問合せの前にご一読くださいませ。

Q1 転造に必要な動力を教えてください。
Q2 どんな機械に取り付けられますか?
Q3 転造出来るねじの種類は何でしょうか?
Q4 加工物に段差があるが緩衝しますか?
Q5 転造出来る材質を教えてください。
Q6 中空材(パイプ等)のねじ転造は可能ですか?
Q7 転造出来るねじ長さを教えてください。


Q1 転造に必要な動力を教えてください。
A1 0.174×1/1000000×C×T×P×D×N Kw

C=1 三角ねじ C=2 台形ねじ、Rねじ
T=テンション(張力)N/mm2
P=ピッチ
D=ねじ径
N=材料の回転数


Q2 どんな機械に取り付けられますか?
A2 NC旋盤(主にタレット)、マシニングセンタ、旋盤ボール盤、六軸自動盤、トランスファマシン、ねじ切り専用機に主に取り付けられます。


Q3 転造出来るねじの種類は何でしょうか?
A3 メートル並目、細目、UNC、UNFは標準ロールであります。その他特殊成形ねじ用ロールも製作できます。


Q4 加工物に段差があるが緩衝しますか?
A4 基本的にアキシャルヘッドもタンジェンシャルヘッドもある程度の段差は緩衝せずに転造出来ます。詳しい寸法はヘッド寸法図のアキシャルヘッドはボア(D2)部、タンジェンシャルヘッドはアーム部の寸法をご参照ください。


Q5 転造出来る材質を教えてください。
A5 基本的に伸び率5%以上、張力が最高1700N/mm2までの材料は転造可能です。量産加工実績としてS45C(生材)、SUS303、SUS316があります。


Q6 中空材(パイプ等)のねじ転造は可能ですか?
A6 アキシャルヘッドは歩み転造方式なので、軸方向に大きな負担を掛けずに転造が可能ですが、材料・材質・ピッチにより、可能な肉厚も変化しますので詳細はお問合せください。


Q7 転造出来るねじ長さを教えてください。
A7 アキシャルヘッドはシャンク部分が中空になっておりますので、シャンク内径より小さければヘッドサイズ以上の長ねじも転造可能です。
タンジェンシャルヘッドはZ送りの転造が無い為、ロール幅までの長さになります。