山田マシンツール株式会社は全体最適・工程集約・多種少量生産でお客様の悩みを解決します

YAMADA Solution

Q&A

お客様からお問合せの多い質問をご紹介しています

ローレットツールについて

ローレットホルダーの加工対象ワーク径を超えたサイズの加工を行った場合、ワーク・ツールに対してどの様な支障が出るか?

・ローレットホイールが焼き付き易くなる。
・パターンが崩れやすくなる。
・ホイールの寿命が極端に短くなる。
・ワークとホルダが接触する場合がある(KFタイプ)
等の支障がでる可能性があります。

ページの先頭へ