山田マシンツール株式会社は全体最適・工程集約・多種少量生産でお客様の悩みを解決します

YAMADA Solution

マイクロコニック レギュラーコレット

レギュラーコレット

マイクロコニックレギュラーコレット

マイクロコニックコレットを使用すると、小径のワークホールディング用に、すべての施設の旋盤のスピンドルを1つのユニバーサルサイズのコレットに変換できます。現在、それらはUM10サイズで利用できますが、新しいUM6コレットシステムは、2017年にTF16カートリッジシステムとともに発売される予定です。

正確なセットアップと切り替えのための15分から60秒!
ショップで16Cを5Cコレットに変換して、追加の小径クランプ範囲を取得すると、通常、公差が累積され、コレットの交換に通常15分以上かかります。

マイクロコニックコレットを使用することで、カートリッジが設置されたら、コレットを簡単に取り付けて、約60秒でスピンドルノーズでクランプ圧を設定できます。

10mmマイクロコニックコレット

  • 0.0002インチT.I.R.以下
  • .0001 “〜.00015″(3ミクロン)の同心度。
  • 本番環境での使用では、0.0002インチ(5ミクロン)以内であることが保証されています。
  • コレットクランプ範囲メトリック:0.05mm
  • コレットクランプ範囲インペリアル:0,002 “
  • 通常のコレット範囲インペリアル(インチ)0.0086 “-0.3949”
  • 通常のコレット範囲0,22mm-10,00mm

ページの先頭へ