山田マシンツール株式会社は全体最適・工程集約・多種少量生産でお客様の悩みを解決します

YAMADA Solution

スロッティングツール

キー溝、四角穴、六角穴、スプラインなど

様々な形状の加工に対応

スロッティングツール

 

CNC旋盤やマシニングセンタでキー溝の加工ができるとご好評頂いております、ブリゲッティ スロッティングツール取り扱いラインナップが広がりました。

 

 

 

キー溝巾は12mmより大きいものもカタログ掲載、スロッティングによる四角穴や六角穴の加工用工具もご覧頂けるようになりました。

更に量産加工時の加工時間短縮用に、複合旋盤のミーリング機構を利用したモーターライズドツールも受注製作承っております。

 

モータライズドツール

 

 

 

ご利用の際の注意点

 

スロッティングツールのご利用の際は下記の点にご注意下さい。

 

1. CNC旋盤で使う場合、主軸を固定(C軸、サーボロック等)する機能が無いと、加工中にワークが動いて溝巾が広がる可能性があるので使用できません。マシニングセンタで使用する場合も同様に主軸を固定する必要があります。

 

 

 

 

 

 

2.マシニングセンタでサイドロックのホルダに付けて使おうとする時にシャンク部分が長過ぎて鍔部分に突き当てができない場合があります。その際にはシャンクを合うように切断して突き当てできるようにしてご利用下さい。短いシャンク仕様も特殊品として受注製作承っております。

 

 

3. 四角穴、六角穴加工をする場合、加工方法上、刃物が当たらない部分が出る為、下穴を対辺より大きくする必要があります。故に加工後の対辺にRが残ります。この工法でワイヤー放電で加工したような正確な四角形、六角形を加工することは不可能です。

 

 

キー溝加工用工具 選定時の確認ポイント

 

1. 図面指示の溝巾に、インサートの寸法が合うかどうか確認してください。この工具はインサートの巾がワークに転写されるという考え方になっています。左右に工具を振って溝巾を広げる使い方は推奨しておりません。例えばIN-6-H7は6mm巾H7公差用で、インサートの磨耗を考慮してインサートはH7公差の上限値+0/−0.012に仕上げてあります。

表にないサイズも特殊品として承っております。ワーク図を基にお問い合わせください。

2.溝の径方向深さ(x方向、以下DR)がインサート寸法のL6以下かどうか確認してください。L6よりも深い(大きい)場合、特殊インサートと特殊ホルダでの検討が必要になります。

3. 溝の長さ(z方向)がホルダのL1部分より2mm以上短いかどうか確認してください。もっと長い加工長さが必要な場合は特殊ホルダの検討が必要になります。

 

商品ラインナップ

 

CNC旋盤用システム

 

 

 

スロッティングツールはY軸調整機構の無い機械でも使用できるように偏芯ブッシュを用意しています。

このブッシュは焼き入れ研磨仕上げを行っています。
スロッティング加工においてワークと工具の軸が完全に一致していることは、とても重要です。

しかしながら工具やワークの取り付け時のずれにより軸ズレをゼロに抑えることは困難です。
この問題を解決する為に偏心ブッシュが開発されました。

偏芯機構により±0.5mmのY軸調整が行えます。0.03mm刻みの目盛りがついており、1回目の加工結果を基に正規の位置へ調整することができます。
もちろん機械側でY軸調整ができる場合にはこのブッシュは必要ありません。

 

 

CNC旋盤への基本的な取り付け方

 

1. インサートをホルダにトルクスねじで取り付けます。
2. ホルダを偏芯ブッシュに挿入し、偏芯ブッシュ端面に彫られた目盛の「ゼロ」とホルダに彫られた白いノッチを合わせます。それからホルダ固定ねじを締めます。
3. ホルダに偏芯ブッシュを組み付けたものを旋盤のボーリングバーホルダに取り付けます。
まずシャンクのDカット部に彫られた「センタリング溝」を先端球状セットスクリュで軽く締め込みます。
その後平先セットスクリュを締め込みます。

 

確認と調整

 

加工後にキー溝の位置を確認する方法の一つとして、ブロックゲージを使う方法があります。
キーの代わりに溝にはめこんで内径側壁との距離が左右均等になっているか確認します。

 

 

 

Fig1に示す正常な例では、左右均等に測定値8.50mmになっています。
Fig2では、測定値は一方は 8.35mmであり、もう一方は8.65であり、0.15mmの芯ズレが生じているため、補正する必要があります。

 

偏心ブッシュを使って位置合わせ誤差を補正する

 

芯ズレを補正する必要がある場合は、次の操作を実行します。
1. まず、ボーリングバーホルダにツールを固定している平先のセットスクリュを緩め、偏心ブッシュの鍔側面に位置するセットスクリュを緩め、偏心ブッシュを偏りと反対側に回します。この機能でY軸の±調整します。
2. ブッシュの鍔側面に配置されたセットスクリュを元に戻し、続いてボーリングバーホルダのすべてのセットスクリュを締めます。

 

この手順通りに調整を実施して下さい。
上記の参考例では、アライメントを矯正するために偏心ブッシュを5目盛り分回転させる必要がありました。

 

 

 

 

マシニングセンタ/CNCフライス盤用システム

 

 

 

 

スピンドルに精密角度割出機能を持たないマシニングセンタやフライス盤に、スロッティングツールを正しく取り付ける為にアライメントプレートを準備しております。高精度に仕上げられたこのプレートをインサートの代わりにホルダに取り付けてダイヤルゲージを当てて位置を確認します。
工具と加工物の軸が合うように工具の取り付け方を調整します。

 

 

マシニングセンタ/CNCフライス盤への基本的な取り付け方

 

1. 直接サイドロック(ウェルドン)ホルダに取り付けてください。(内部給油対応ホルダを推奨します)
2. 主軸割り出し位置(例 ファナックM19)にセットします。
3. アライメントプレートを取り付けてダイヤルゲージや測長機でアライメントプレートの側面を計測し、溝加工位置に対して平行が出るまで調整します。
4. 調整完了後ホルダをサイドロックのネジを締めて固定します。アライメントプレートを取り外し、インサートを取り付けます。

 

 

CNCのプログラミング

 

ツールの操作のためのCNCマクロプログラムを準備しています。

 

 

 

スロット加工用システム

 

 

 

スロッティングツールはマシニングセンタやCNC旋盤だけではなく、スロッター盤や型彫り機などの専用機でも使用されています。
標準のバイトは丸シャンクになっていますが、これらの機械では角シャンク仕様である場合があるので、角シャンクに変換するアダプタをご用意しております。

 

スロッター盤への取り付け方

 

1. ホルダにインサートをトルクスねじで取り付けます。
2. ホルダをアダプタに差し込み付属のねじで締め付けます。
3. アダプタを機械に取り付けます。

 

 

 

 

様々な加工への適用

 

スロッティングツールでは、1か所のキー溝加工だけではなく、複数箇所の溝加工にも使用されています。
平行キーだけでなくテーパキー、逃げ溝あり/なし、角部に面取りを追加したものなども製作できます。
四角形、五角形、六角形の穴やインボリュートの歯を実行することもできます。
非常に大きなキーハウジングを実行する必要がある場合は、粗加工と仕上加工の2工程で加工することを
お勧めします。
工具に過大なストレスがかかるのを避け、精度と表面仕上げを同時に向上させることができます。

 

 

 

 

特殊ホルダとインサート製作の一例

 

特殊形状・寸法の工具の製作もおこなっております。
お気軽にお問い合わせください。

 

 

 

 

 

内径キー溝加工用ホルダ&インサート

 

■内径加工用ホルダ

 

ホルダは工具鋼を使用しています。

加工点に効率的にクーラントを供給する為にホルダにはクーラント吐出用の貫通穴が開けてあります。
ホルダはφ25とφ32のシャンク径を準備しています。

それぞれのシャンク径に対して、標準仕様とロングタイプ(末尾に“L”が付くタイプ)の二つのラインナップがあります。
スロッティングホルダは、工作機械の軸受に悪影響を与えるのではと言われることがありますが、メーカ実験では、幅20mmのキー溝加工を実行するために必要な切削力はφ14のドリル穴あけ加工に必要な切削力と同程度と確認しています。

 

 

 

 

 

 

 

■内径キー溝加工用インサート

 

インサート(ミリメートル寸法)

※インチ寸法のインサートもラインナップにございます。詳しくはこちらからお問い合わせ下さい。

インサート母材には専用に調整された焼結金属を使用しています。熱処理により材料硬度はHRC70-71に調整されています。

同時に高い靱性を付与し、強い圧力にも耐えることができます。
標準インサートはTiNコーティングを施しており、耐磨耗性にも配慮しています。
型式の末尾にSMがつくインサートはC0.2の面取り加工に対応する仕様となっており、加工時に発生するエッジ部のバリを抑制できます。ご要望に応じて特別な寸法や形状のインサートも製作します。

 

 

 

 

 

■ミニツール&インテグラルインサート

 

ミニシリーズは、小型ワークの加工用のニーズを満たすために開発されました。
これらのタイプのインサートは非常に多様な形状で、非常に小さい切削プロファイルを実現することができるため、これらの要求を満たすためにインテグラルインサートが使用されていました。
高い工具剛性を確保し、指定の形状の加工に最適なツールを実現するために、一体型のインサートは受注製作となっております。
ミニツールホルダも偏心ブッシュ組み合わせて使用することができます。

 

 

 

■ツール UT-1/8

 

     

 

 

 

■インテグラルインサート

 

 

インテグラルインサートはミニツールホルダに差し込んで使用します。アライメントを調整できるようにするために、φ15鍔部分の側面を平らにしてあります。

これにより短い時間でキーの位置調整作業をおこなうことができます。
このインサートにも他のインサートと同じく、特別に調整された焼結合金を使用しています。

 

 

 

 

 

■四角穴加工用ホルダ

 

 

 

 

 

※BRUG-5は六角穴対辺5㎜です。

 

 

■四角穴用インサート

 

 

 

 

 

 

 

■六角穴加工用ホルダ

 

六角穴を加工する場合、以下の式に基づいて下穴をあける必要があります。
下穴径= 六角形対辺x1,02例えば、対辺10mmの六角穴加工の場合の下穴直径は、
10mmX1.02=10.20mm となり、対辺上にRが残るのが特徴となります。
レンチ穴としての機能は角の部分が果します。

 

 

 

 

 

 

 

■六角穴用ホルダ

 

 

 

 

 

※BRUG-5は六角穴対辺5mmです。

 

 

■六角穴用インサート

 

 

 

 

 

 

 

 

■スプライン加工用ホルダ

 

より高い工具剛性を持たせるため、できるだけワーク内径とD2寸法が近いホルダを使用することを推奨しています。もちろん要望に沿った特殊工具の製作も可能です。
インサートは仕様に合わせて製作されます。

 

 

 

 

 

※BRUG-5は六角穴対辺5mmです。

 

 

 

■特殊形状ホルダ 参考例

 

キー溝、四角穴、六角穴、スプライン形状以外にも様々な形状の加工にこのツールは使用されています。インサートはもちろんホルダもご要望にあわせてカスタマイズしたものをご提案できますので、お気軽にお問い合わせください。
下の表は特殊ホルダの一例になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■旋盤用 芯調整偏芯ブッシュ

 

 

Y軸調整機構の無いCNC旋盤でスロッティングツールを使用する場合に偏芯ブッシュが使用されています。
ブッシュ外径と内径が偏芯することにより、Y軸方向+-0.5mmの調整をおこなうことができます。

 

 

 

 

 

 

 

■アライメントプレート

 

スロッティングツールをマシニングセンタやフライス盤で使用する際に正しい位置に工具を取り付けるために使用されます。
インサートの代わりにこのプレートを取り付け、ダイヤルゲージを当てながらワークとプレートの位置が平行になるように調整します。

 

 

 

 

 

 

 

 

■角シャンク変換アダプタ

 

機械側で角シャンク仕様が要求される場合にこのアダプタを使用します。
M12x8のセットスクリュでホルダを固定します。
タイミングピンによりホルダの位置決めができます。
Φ25シャンクとφ32シャンクのどちらにも対応するラインナップがあります。

 

 

 

 

 

 

 

■【参考情報】再研磨用ホルダ

 

スロッティングツールが日常的に使用されているヨーロッパでは、ユーザー様自身で再研磨を行いたいという要望がよくあります。
この再研磨用ホルダを使用すればバイト研磨機で一般的な砥石を使用して再研磨が可能です。
*ヨーロッパで一般的に使用されているバイト研磨機に合わせた仕様のため、日本国内で使用される研磨機とはマッチしない可能性があります。

 

 

 

 

 

 

■ねじ部品

 

先端球状タイプセットスクリュ

 

CNC旋盤のボーリングホルダに偏心ブッシュを取り付ける為に使用します。この形状により偏心ブッシュによる位置決め精度の調整がより簡単になります。

 

 

 

 

 

インサート固定用ねじ

 

交換部品としてインサート固定用ねじを準備しています。

 

 

 

 

■加工のポイント

 

加工条件の目安

 

下記を参考に加工結果を確認しながら調整してください。

 

 

 

ユーザー様の声 一例

 

「キー溝加工の為の初期投資を抑えることができた。」

 

「試作品製作の納期を縮めることができた。」

 

「旋盤の中でキー溝も加工できるので段取り時間の削減ができた。」

 

「キー溝付きのワークも外部に加工を委託せずに、社内で完結できるようになった。」

 

「今まで時間がかかっていた専用機での角度割り出しの作業から解放された。」

 

「熟練の専任のオペレーターが退職して困っていたが、他の作業者も加工ができるようになった。」

 

「溝や横穴の無い止まり穴へのキー溝加工もできるようになった。」

 

 

 

カタログダウンロード

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お問合せはこちら

フォームが表示されるまでしばらくお待ち下さい。

恐れ入りますが、しばらくお待ちいただいてもフォームが表示されない場合は、こちらまでお問い合わせください。

ページの先頭へ