山田マシンツール株式会社は全体最適・工程集約・多種少量生産でお客様の悩みを解決します

YAMADA Solution

転造ローレット工具

切削ローレット工具が使えない、

そんな時には転造ローレット工具があります。

 

 

 

当社には毎日ローレット工具を探している、というお客様からお問い合わせを頂いております。切削と転造どっちがいいの?よく聞かれる質問です。仕上がりが綺麗で設定も比較的容易な切削を第一にお勧めしています。でも切削ローレット工具が使えないワークもあります。そんな時にお勧めしているのが転造ローレット工具です。(転造ローレット工具は2018年ラインナップが更新されました)

 

 

 

 

切削ローレット工具が使えないワークとは?

 

 

1.x方向切り込み時にホイール全体がワークに当たってしまうワーク

(例/ワークの先端部ではなく中間部にローレットを加工する場合など)

 

 

 

2.フランジの直前までローレット指示があるワーク

 

3.ホイールの厚みより加工する長さが短いワーク(X方向に押し付けるだけとなり転造加工と変わらない。剛性のある転造ローレット工具の方が有利)

 

4.山数、山角度、山高さ、頂点や谷底にRが指定されている。→ローレットでは精密な形状の成型は不可能な為、セレーション/スプラインとしてそれらの加工方法を検討したほうが良いでしょう。

例えば旋盤でのセレーション/スプライン加工方法としてはホブ加工やフライカッティング加工があります。

フライカッティング加工

 

 

上記に当てはまる場合は転造ローレットを検討すべきです。

 

転造式のラインナップ

F711の特徴

ホイールを付け替えれば 一本のホルダでストレート、クロスパターン、ダイヤモンドパターンの3通りの主なパターンの加工ができます。

F712の特徴

F711と違い、ホイール支持が片持ち式になっています。F711より肩際まで寄せることができます。その分剛性が落ちるので非鉄金属以外の材料やピッチ0.8以上の加工にはあまりお勧めしません。まずはF711を検討した方がいいでしょう。20×25と25×25シャンクホルダではクロスパターンとダイヤモンドパターンのホイールが全て受注製作となる点も注意が必要です。

 

F751の特徴

F751は櫛刃の自動旋盤で隣の工具との干渉を避ける為に開発されました。横から押し付けるのではなく、二つのホイールの接線上で加工するので加工時にワークが逃げにくいのも特徴です。シャンクは芯高12mmのみの展開となっています。

F792の特徴

ワークを正面から飲み込むようにして加工します。シャンクはパイプ状になっているので、長いワークに最適です。

 

 

F791の特徴

F792よりも剛性を重視した設計になっています。φ1.8からの加工に使えるのも特徴です。ホイールが単純なドーナツ形状になっているので、F792よりもランニングコストに優位性があります。

ホイールのラインナップ

ホルダの型式によって組み合わせて使えるホイールの寸法が決まり、加工するパターンによってピッチとリード角が決まります。リード角によって標準ピッチが異なりますのでご注意ください。

下記表にないサイズは受注製作品扱いになります。番手、モジュール規格、百分台のピッチのホイールの製作は行なっておりません。

ページの先頭へ