山田マシンツール株式会社は全体最適・工程集約・多種少量生産でお客様の悩みを解決します

YAMADA Solution

複合旋盤用ツールホルダ

何故ハイマテックのツールホルダを使うのか?

このページにお越しになったお客様の中でこの疑問を持っている方は多いのではないでしょうか?旋盤メーカー純正品とは何が違うの?事例はあるの?それらの疑問についてお話していきたいと思います。

 

【ハイマテックを導入した理由① 純正には無い仕様がある。】

①-1 ER20コレットをER25に変更した事例

オークマ社製GENOS L200のユーザー様の事例です。リング状のワークに今までφ12のドリルを使って穴をあけていました。ワークの設計変更があり、穴径がφ16になりました。旋盤を購入した時についてきた回転工具ユニットのコレットサイズはER20でした。ER20コレットで掴めるシャンク径はφ13までです。旋盤メーカーに問い合わせたところ、コレットのサイズアップは特殊品の為、納期がかかると言われてしまいました。ハイマテックに確認したところ、ER25仕様のラインナップが準標準となっており、2か月かからず入手することができました。埋め込み型のAXナット仕様になっている為工具の振れも少なく助かっています。

(写真1:GENOS L200に導入されたハイマテックの回転工具ユニット。純正にはないER25仕様で低頭のAXナットを採用しています。)

 

①-2 減速ユニットで高トルク加工事例

中村留精密社WY-100ユーザー様の事例です。M16のタップ加工の仕事があり、純正のミ―リングホルダを使って加工テストを行いました。加工中のトルクで機械が止まってしまい、加工できませんでした。ハイマテック社にはギア比1:2の減速仕様の高トルクタイプのホルダがあることが分かり、早速購入しました。以前のように加工トルクで機械が停止することも無くなり、スムーズに加工できるようになりました。

(回転数指令1000MIN-1に対してギア比で500MIN-1に減速して工具を回転させるユニットがあります。タップ加工などトルクが必要とされる場面で重宝されています。写真はイメージです。減速仕様ではありません。)

 

①-3 大径ボーリング事例

中村留精密製WT-150ユーザー様の事例です。純正品のボーリングバーホルダはφ25シャンク仕様となっていました。新しい仕事でφ32シャンクのスローアウェイドリルを使う必要が出てきました。ハイマテックではφ32シャンク仕様を標準ラインナップしていて、丁度ドイツ現地に在庫していることが分かりました。特殊品で受注製作となることを覚悟していましたが、短納期でユニットを入手することができました。

(実際にユーザー様が入手したハイマテック社のWT-150用φ32仕様ボーリングバーホルダ。ハイマテック社のツールホルダは欧米に輸出される日本の工作機械メーカ各社に搭載されていますが、その中でも特に中村留精密社向けは豊富な実績とラインナップがあります。)

 

(何故中村留精密製のラインナップが何故豊富なのか?ハイマテック社自体も中村留精密製の複合旋盤を多数所有していて、機械の仕様を熟知しているのがその理由の一つです。NTRX-300をヨーロッパで最初に導入したのもハイマテック社です。写真 ツールホルダのハウジングを加工しているNTRX-300)

 

①-4 3倍速ユニット導入で小径工具の周速アップ事例

シチズンマシナリー社ミヤノ機BNJ-51SY5を使用しているユーザー様の事例です。ドリル加工後のバリ残りを手作業でおこなっており、効率化の為自動化を進めていました。バリ取りブラシを試したところ、バリを除去できることが分かりました。しかし、そのブラシを使うためには最低でも8000MIN-1必要となり、純正の回転工具ユニットでは6000MIN-1までしか回らない為使えませんでした。ハイマテック社では同機向けのギア比1:3の増速回転工具ユニットをラインナップしていることが分かりました。穴あけもバリ取りも同一機内で完結できるようになりました。

(写真3 実際にユーザー様が導入した3倍速ユニット。タレットへの取り付け部は純正品と同じなので、届いたその日から付け替えるだけで簡単に使用できます。)

 

1-⑤ 斜め穴加工事例

シチズンマシナリー社ミヤノ機ユーザー様の事例です。

新しい仕事で斜め穴をあけることになりました。当然そのような回転工具ユニットは持っていませんでした。ハイマテック社ではユニバーサルホルダと名付けられた角度調整型のユニットをラインナップしていることが分かりました。

ミヤノ様でもハイマテック社のユニバーサルホルダを認識していた為、使用方法やプログラムの話もスムーズに進めることができました。

(写真4 ミヤノ機向けの角度調整型ユニバーサルホルダ。このユーザー様では、本体に刻んである目盛りとデジタル式の角時計を使って角度を調整し、斜め穴加工に使用しています。)

 

1-⑥ フェイスミル加工の剛性UP・能率UP事例

中村留精密工業製設備ユーザー様の事例です。

このユーザ様は軸付カッターを複合旋盤のミーリングホルダを取付けして、

平面出し加工を行っていました。

しかし軸付カッターをコレットでクランプしていると強いトルクには耐えられず、

スリップやビビりなどの影響が発生していました。

そのため、理想的なカッター径や条件で加工することができず、

平面出し加工はボトルネックの工程になっていました。

そこで新たにハイマテックのu-tec仕様のミーリングホルダを導入頂きました。

(写真 u-tecアタッチメントとはハイマテックのツールホルダ用に専用設計されたアタッチメントです。ERコレットの代わりに取り付けて使います。機外段取りに最適です。)

 

u-tecとは専用のポリゴンカップリングによってミーリングホルダのスピンドルと工具を剛性接続できるハイマテック独自の規格です。

(写真 マシニングセンタなどで使用されるフェイスミルカッタをu-tecのアタッチメントに取り付けた状態)

(u-tecとはハイマテック社のツールホルダ用のアタッチメントです。アタッチメントの後ろ側がERコレットのテーパにあわせてあり、コレットの代わりに差し込んで使うことができます。テーパ部の後ろ側をポリゴン形状にしてある為、大きなトルクが必要な加工でも機械側の出力をしっかりと刃物に伝達できる構造になっています。)

u-tecによってマシニングセンターなどで良く使用されるアーバ接続タイプの

フェイスミルを使用できるようになったので、従来よりも高速で安定した

平面出し加工を実現することができました。

またu-tec仕様のホルダは専用のアタッチメントでの剛性接続だけでなく、

一般的なER規格コレットでも使用することができます。

フェースミル加工などが必要ないワークを加工する際は、

同じホルダにERコレットを取り付けて通常のドリル加工などに活用して頂いています。

 

1-⑦ 高剛性ホルダでポリゴン加工

ある設備メーカ様の事例です。

円筒ワークから六角形や四角形などの多角形を高速で切出す工法の一つにポリゴン加工

という工法が存在します。

(写真 ポリゴン加工の様子。主軸と工具を原則1:2で同期回転させてワークの外径を多角形形状に旋削します。)

弊社では高炭素鋼やスチールに対してもポリゴン加工ができる高性能なツーリングの

ポリターンという製品を展開しています。

 

https://www.youtube.com/watch?v=mKs8LMbi96Y

ポリゴン加工は高速でバリ発生も抑制できるユニークな工法ですが、

加工時に衝撃力が発生するので、剛性のあるミーリングホルダを必要とします。

このメーカ様にはポリターン&ハイマテックミーリングホルダで安定した品質の

ポリゴン加工を導入して頂きました。

 

1-⑧ 斜め穴加工用ユニットのスリム化

 

シチズンマシナリー社製Miyano機ユーザ様の事例です。従来から複合旋盤で斜め穴加工を行っていましたが、国産メーカで製作した斜め方向の回転出力軸を持つユニットはボディが非常に大きく、タレットの両隣りのステーションに干渉が発生していました。このため、タレットに搭載できる工具の数が制限されていました。ハイマテックのホルダは任意に角度調整が可能なユニバーサルアングルタイプのミーリングホルダでも非常にコンパクトで干渉が発生していません。悩みだった搭載工具本数の制約から解放されました。またスピンドルの角度を変えられる複雑な機構にも関わらず、角度固定のホルダと遜色ない剛性と精度を保っているため、様々なワーク形状に柔軟に対応できる様になりました。(写真 ユニバーサルホルダで斜め穴加工用にセッティングしたイメージです。ミヤノ機用ではありません。)

 

1-⑨ 突出しの長い工具の取り付けができるホルダの事例
シチズンマシナリー社ミヤノ機ユーザー様の事例です。新しい仕事で工具を今までよりも長く突き出す必要が出てきました。機械の懐が狭く、既存の回転工具ユニットではこれ以上工具の突出しを長くすることができません。ハイマテック社の回転工具ユニットではコレットの突出しが少ないAXナットを採用している為、懐の狭い機械の中で工具を従来よりも長く突き出すことができます。また、ハイマテックの回転工具ユニットはコレットの周りをベアリングが包み込むような構造になっているので剛性が高く、びびりにくくなったとご評価いただきました。

(写真 一例として中村留精密工業製WT-150用のホルダ3種の突出し量を比較してみました。AXナットを採用していることにより従来型よりもホルダ自体の突出しが短くなっています。右端は更に突出しを短くした特殊仕様品です。)

 

 

逆に突出しが短くてクロス穴加工時にドリルが届かなくなる、などという場合用にu-tecアタッチメントを使って突出し量を長くすることもできます。

(写真 u-tecの突出し量を長くする為のアタッチメント。コレットサイズを一回り小さくする仕様もあります。)

 

(写真 ロングネックタイプのu-tecアタッチメント)

1-⑩ 内部給油ホルダでリーマ要らずの事例

DMGmori社NLXユーザー様の事例です。穴精度がうるさい仕事があり、今まではドリル加工→リーマ加工と2工程で仕上げていました。ハイマテック社の内部給油ホルダを導入したことによりオイルホール付きのドリルが使えるようになり、ドリル加工のみで精度を維持できるようになりました。

(写真 内部給油ホルダのイメージ。写真中ではレゴフィックス社のフラッシングディスクを使用して工具の周りを這わせるようにクーラントを供給しています。シーリングディスクを使用するとコレット端面からではなく工具の先端のオイルホールから切削液を供給することができます。)

 

 

1-⑪ ドリルの寿命が1.5倍になった事例

中村留精密製WT-150ユーザー様の事例です。超硬のドリルの寿命が思ったよりも短く、工具交換頻度が高くて困っていました。JIMTOF2016で中村留精密社のブースでハイマテック社のホルダを見たのを思い出し、一台買って試してみることにしました。変化点を回転工具ユニットだけにして比較してみたところ、従来の回転工具ユニットを使った時に比べてハイマテックのユニットで加工した時はドリルの寿命が1.5倍になりました。

(写真 高精度なユニットづくりの為、ベアリングの種類や取付位置、予圧にもこだわっています。)

(写真 ハイマテック社のスピンドルは厳選された焼き入れ済みの材料を特別な手法で高精度に仕上げてあります。)

1-⑫ ツール剛性不足を解消した事例

DMG MORI NL1500ユーザー様の事例です。

純正品ではメイン・サブ双方に装着する為のボーリングバーホルダーは所有していましたが、工具搭載本数に制限がありました。搭載可能な工具本数を増やす為、ダブルボーリングバーホルダーを以前から購入したいと思っていました。しかし、純正品ではφ20迄の設定しかなく、φ20の工具で加工すると剛性不足で狙った精度や加工時間にできない為、躊躇していました。

仕方なく2台の旋盤加工に分けて行う必要があり生産効率が非常に悪くなっていました。

ハイマテックにダブルボーリングバーホルダーφ25があることを知り、購入しました。これによりメイン側タレットを使用しサブスピンドル側での加工が可能となり、剛性不足に悩むこともなくなりました。工程を分ける必要もなくなって、生産効率の向上が可能となりました。

(写真 ユーザー様が購入されたボーリングバーホルダ。日本ではVDIシャンクのホルダは多くないが、海外では着脱がボルト1本でできるので一定のニーズがある。その為痒い所に手が届く豊富なラインナップから選ぶことができるようになっている。)

ハイマテックツールホルダ ユーザー様の声

ハイマテックユーザー様にお聞きしました!

ご協力いただいたユーザー様の情報

被削材の種類 鉄・ステンレス・アルミ・真鍮など
ハイマテックユーザー歴 26か月
所有ホルダ アキシャル・ラジアルタイプ 各10本以上、
ボーリングホルダ(ダブル・トリプルを含む)10本以上、
突っ切り用ホルダ等
搭載している旋盤 中村留製  WY-100 ,SC-200,WT-150など
採用したきっかけ もともとツールホルダには関心があり山田マシンツールがCNC旋盤向けツールホルダの専業メーカであるハイマテック社の製品を取り扱いを始めたことをメールで知り試してみることにしました。

実際に使って頂いたご感想

ユーザー様の声1
「剛性の高さを感じるね。エンドミル加工の切りくずの形が変わったよ。今まではむしれたようなところもあったけど、同じ加工をハイマテックのホルダを使ってみると明らかに切れ味が上がっているのが切りくずからも分かるよ。20年選手の古い旋盤もあるけれど、機械が新品の時よりも挽き目がきれいになっているよ。切り屑の形も今までと違うし、ツールホルダの影響は大きいね。」
(写真 WT-150に搭載された様々なハイマテックのホルダ)
お客様が違いを感じたと言われたエンドミル加工。ハイマテックはAXナットを採用しており突き出しが短いデザインになっています。これは剛性が高い理由の一つです。またBMT(ボルトマウント方式)ではベアリングにもこだわっています。
ユーザー様の声2
「固定式ホルダも専業メーカー故の工夫を感じるね。例えば突っ切り加工のホルダ、
ハイマテックのホルダは一味違うよ。」
突っ切り用のツールホルダ
ユーザー様が今まで使っていた突っ切り用のツールホルダ。シャンクを掴むことのみに特化したデザインになっている。
ハイマテックの突っ切り用ツールホルダ
ハイマテックの突っ切り用ツールホルダにはタレットのクーラント供給口から刃先近くの吐出口まで内部に回路があります。ホルダを取り付けると、刃先をめがけてクーラントを供給することができます。
クーラントONにした様子
クーラントONにした様子
ユーザー様の声3
細かい工夫がされていて、ユーザー目線で作られていることを感じるね。
ボーリングホルダ
ボーリングホルダは内部給油仕様をラインアップしており、内部給油/外部給油兼用できるデザインになっています。
工具が内部給油に対応していない場合にはシーリングキャップを外すことで外部からクーラントをかけることができます。(一部該当しない商品もあります。)

ボーリングホルダ
Φ32用ボーリングホルダ
ボーリングホルダ
1つのステーションにΦ25ボーリングホルダを3本装着できるホルダ

ボーリングホルダ
(*仕様によりストロークの制限が出る場合があります。写真はWT-150で主軸貫通穴Φ65仕様の場合ですが、内側の1か所はストロークが少なくなるためUPタレットでは使用できません)

ツールホルダの専業メーカーとして多種多様なニーズに対応するために豊富なラインアップを準備しています。
ツールホルダでお困りのお客様、お気軽にご相談ください。

お問合せはこちら

FAQ

お探しのホルダが見つからない時、内容の詳細が判らない時、
特殊品のご要望がある場合等はお気軽に山田マシンツールまでお問合せ下さい。
弊社スタッフが選定のお手伝いをさせて頂きます。

FAQは近日公開予定です。

heimatecとは

CNC旋盤を高能率化するツーリングシステム

工程集約・高能率化を求めるニーズに応えて
近年ミーリング機能付きCNC複合旋盤(ターニングセンタ)の普及が急速に進んでいます。

heimatec(ハイマテック)高剛性・高精度なツールホルダの幅広いラインナップは、
ミーリング機能付きCNC旋盤の高能率化に大きく役立ちます。
ミーリング機能付きCNC複合旋盤の生産能力は設備本体×ツールホルダ×工具の総合力で決まります。

ハイマテック導入効果例

  • 内部給油対応
  • 対応ツールサイズUP
  • 高回転・高速化
  • 搭載工具本数UP
  • 機外段取対応
  • タクト短縮
  • 加工精度・面粗度UP
  • 工具寿命延長
  • 切り屑処理性能UP
  • 工程集約

…等

 

ハイマテック社の概要と歴史

heimatec GmbH (ハイマテック社)は南ドイツ バーデン=ヴュルテンベルク州レンヒェン市に所在する
ツールホルダの専門メーカです。
1987年創業で約30年の歴史があります。
2016年現在、ドイツのみならず世界50か国以上で展開し、120社以上の工作機械メーカで搭載実績が
あります。

ハイマテックの主要生産品目
―CNC回転工具ホルダ/固定工具ホルダ/ATCホルダ
ハイマテックの本社スタッフと
社長のMartin.K.H.Krieger氏
2005年に稼働開始した26,000㎡の敷地を持つ
ハイマテック本社工場
現在ドイツ国外でも,五つの支社/営業所を中心として、山田マシンツールをはじめとした代理店が50か国で販売展開する
ハイマテック本社があるライン川東岸のレンヒェン市

海外でのハイマテック搭載事例

日本メーカA社 での海外搭載シェア

  • 欧州ディーラーの95%がハイマテックを選択
  • USA輸出機の60
  • ロシア輸出機の100
  • インド輸出機の50

欧州ディーラー採用率

欧州ディーラー採用率

欧米メーカB社 での海外搭載シェア

  • 欧州ディーラーの90%がハイマテックを選択
  • USAディーラーの90%がハイマテックを選択
  • ロシア輸出機の95
  • インド輸出機の50

欧州ディーラー採用率

欧州ディーラー採用率

ドイツメーカC社 での海外搭載シェア

  • 全出荷機90%に搭載

全出荷機中シェア

欧州ディーラー採用率

日本メーカD社 での海外搭載シェア

  • 欧州ディーラーの90%がハイマテックを選択
  • USAディーラーの50%がハイマテックを選択
  • 台湾輸出機の100

欧州ディーラー採用率

欧州ディーラー採用率

ページの先頭へ