山田マシンツール株式会社は全体最適・工程集約・多種少量生産でお客様の悩みを解決します

YAMADA Solution

解決策のご紹介

お客様の「困った」を解決する手段を紹介しています

YAMASAローラーバニシング

旋削後の面粗度を向上させたい

ローラーバニシングはローラーで金属の表面を押しつぶし、被削物の表面を滑らかに仕上げる加工です。

このツールは?

YAMASAローラーバニシング

ダイヤモンド等ポイントバニシングとの比較して、
ローラーで金属の表面を押しつぶし、被削物の表面を滑らかに仕上げる加工です。
ローラーによるバニシング効果(塑性変形)だけでなく、表面改質(残留応力向上)を実現します。

ヨーロッパではバニシング加工はポピュラーな加工方法のひとつで幾多のメーカーがあります。
その中でもヤマサはトルコで60年以上続いているバニシングツール及び装置の専門メーカーです。
自動車、航空機、重機、船舶、鉄道、油圧機器、電化製品など世界各国の幅広い分野で使われています。

ローラー型バニシングはロールの線当たり加工をすることができるので、下記の点で優れております。
1、ローラーの形状や角度のラインナップが豊富で、適応箇所が内径・外径・端面・球面・テーパと幅広い。
2、点接触の加工に比べると加工時間が短い

ページの先頭へ