山田マシンツール株式会社は全体最適・工程集約・多種少量生産でお客様の悩みを解決します

YAMADA Solution

グラボスターのFAQ

マーキングツールのFAQ

質問部分をクリックすると、答えが出てきます。

 

グラボスター商品ページに戻る

 

  • ツールのシャンクはどのような仕様になっていますか?

    すべてのツールバージョンには、円筒形の20 mmウェルドンシャフトが標準装備されています。(例外:RM-12LおよびRMB-12スクライビングおよびローラーエンボスツール)

    ただし、すべてのツールには、HSKなどの統合ツール保持システムを装備することもできます。

  • マーキングパターンはどのように作成されますか?

    希望のマーキングは、加工機の軸制御の動きによって行われます。

    このプロセスは、彫刻ノミによる彫刻と本質的に同じです。例外:作業は通常、直立した機械主軸で行われます。

  • どのマシンの前提条件が必要ですか?

    スクライビングツールとローラーエンボスツールを使用する場合、オペレーターは、マーキング輪郭に沿って走行するために、被駆動機械軸のみを必要とします。

    クーラント駆動/エア駆動式を使用するには、追加の圧縮空気またはクーラントが必要です。これは、加工サイクル中にマシンスピンドルを介して起動できます。

  • どのマーキングソフトウェアがどのコントロールで利用可能ですか?

    各機械メーカー様でボールエンドミルを使って文字を書くプログラムを準備しておられ、それを転用するのが一般的です。回転させたままで使用することも可能ですが、そもそも回転させる必要がないので、回転指令のみ止めて転用している場合が多いです。

  • マイクロパーカッションにはどのクーラント圧力が必要ですか?

    最低限必要なクーラント圧力は約 2barです。元圧ではなく、工具接続口部分での圧力を測定する必要があります。専用の測定治具を準備しています。

    5bar未満のアプリケーションでは、WSタイプを選択する必要があることに注意することが重要です。

  • 圧縮空気作動式のニードルエンボスツールにはどのような圧力が必要ですか?

    標準バージョンのツールには、3〜8バーの範囲の空気圧が必要です。

    強化PPバージョン(より深いマーキング用)では、2バー以上の圧力が必要です。

  • グラボスターではどのようなマーキング深さを達成できますか?

    ニードルエンボスツール

    マーキングの厚さは、利用可能なクーラント圧力または空気圧に依存し、柔らかい非鉄金属でも最大で約0.2 mmです。ツールバージョンWSP-20またはH-20 PPを使用すると、最大0.4 mmのマーキング深さを実現できます。

    ツールタイプWSRX-20またはHRY-20およびHRY-20 PPを使用すると、マーキングの深さをより細かく調整することができます。

    上記は圧力環境が整っていて、被削材が柔らかいものでのチャンピオンデータになります。

     

    スクライビングツール

    R-20を使用すると、柔らかい非鉄金属の場合、最大 0.3mmのマーキング深さを達成できます。

    RM-20またはRM-12Lの場合、到達可能な最大深さは0.1〜0.2 mmです

    ローラーエンボスツール

    これらのタイプのツールでは、マーキングの深さは通常0.1 mm未満です。表面構造の変化により、マーキングはまだ簡単に見えます(表面の傷として)。

    あくまで柔らかい非鉄金属でのチャンピオンデータになります。テストにてご確認ください。

     

  • どのように正確なマーキング深さを生成できますか?

    マーキングの深さは、常に利用可能なクーラント圧または空気圧に依存します。

    調整可能なツールタイプWSRX-20またはHRY-20およびHRY-20 PPを使用すると、マーキングの深さをより細かく調整することができます。

  • どのような負荷が機械のスピンドルに影響しますか?

    マイクロパーカッションツール

    圧力パルス制御により、マーキングニードルはマーキング表面に接触しても加圧されなくなります。したがって、機械の主軸にはアキシャル方向にほんのわずかな数Nの圧のみがかかります。

    スクラッチまたはローラーエンボスツール

    ツールの使用可能なプリテンション圧力に依存します。横方向では数N、軸方向では最大240 Nです。

  • マーキング針の摩耗の程度はどのくらいですか?

    スクラッチマーキングツールとマイクロパーカッションツール:

    マーキングニードルは極端に硬いため(92 HRC)、摩耗しにくくなっています。経験によれば、シフト操作で数週間経過しても摩耗は検出されません。さらに、すべてのツールタイプでマーキングニードルをすばやく簡単に交換できます。

    ローラーエンボスツール

    旋回する小さな超硬ボール(直径1 mm)により、これらのツールではマーキングニードルの摩耗が著しく大きくなります。したがって、マーキングに非常に高い視覚的要求が課される用途のみ、ローラーエンボスツールを使用することをお勧めします。

  • どのツールタイプが適切ですか?

    これは、ワークピースの硬度、ワークピース表面の品質、マーキングの望ましい結果(視覚的品質、マーキング深さ)、およびツールを使用すべき利用可能な機械装置など、さまざまな基準に依存します。
    技術サポートが必要な場合はご連絡ください!
  • マーキングはワークの安定性にどのように影響しますか?

    彫刻やレーザーマーキングとは異なり、マイクロパーカッション中に材料は除去されません。これは、材料繊維の損傷がないことを意味し、その結果、安定性の低下はほとんどありません。

    マイクロパーカッションでは、1つの細かいドットのみが次々に配置されるため、比較的薄いワークにも変形なしでマークを付けることができます。

  • 彫刻と比較した場合の利点は何ですか?

    短いマーキング時間

    彫刻とは対照的に、gravostarは5,000 rpm以上の非常に高い送り速度で動作します。 (材料や文字品質による)。侵入速度は、ツールを使用して必要に応じて高速にすることができます。

    わずかな工具摩耗

    摩耗や送り速度が高すぎるために工具が破損する危険はありません。さらに、針がわずかに摩耗していても(バリの形成なし)、マーキングは実質的に変化しません。前進速度とプランジ速度は、ツールを使用して必要に応じてすばやく設定することもできます。

    最大のプロセス信頼性

    彫刻と比較して、グラボスターでマーキングする場合の品質とプロセスの信頼性はかなり高くなります。

    自動距離調整機能

    自動距離補正(ワークピースとニードルの間)により、表面が不均一なワークピースや寸法公差が大きいワークピース(例:生の鋳造部品や丸い形状)も問題なくマーキングできます。

  • 自動化された部品マーキングは機械の稼働時間を延長します。これは理にかなっていますか?

    「高価な」生産機械の処理時間が数秒延長されるのは正しいことです。したがって、この質問に対する一般的な回答を提供することは不可能であり、すべてのタスクで個別に評価する必要があります。

    別の方法はポストマーキングですが、追加の作業シーケンスが必要です。ただし、そうする際には、次の点を考慮する必要があります。

    • 部品生産の合計処理時間が増加します
    • マーキング、または関連する処理には、通常、追加費用および/または手動作業時間が含まれます
    • プロセスの信頼性が低下します(部品が忘れられているか、誤ってマークされている可能性があります)

    全体的な結果として、これは、機械加工時間の最小延長にもかかわらず、金属切断プロセスに組み込まれたマーキングが最も経済的であり、とりわけ最も信頼性の高いオプションであることを意味します。

  • グラボスターの定期的なメンテナンス作業は必要ですか?

    一般的な清掃をおこなっていれば、特に大掛かりなメンテナンスは不要です。クーラント駆動式では切り屑侵入により内部が詰まって動かなくなる恐れがあります。工具本体だけでなく、クーラントタンクのろ過装置の点検を確実に行い、グラボスターに清浄なクーラントを供給することが極めて重要です。
  • マーキングが深すぎる

    一般に注意する必要があります:彫刻とは対照的に、グラボスターツールでは、マーキングの深さはツールの距離によって設定されません!

    ニードルエンボスツールによる対策
    • クーラント圧力または空気圧設定を下げる
    • 統合された減圧装置(グラボスター WSRX-20またはグラボスター HRY-20)を備えたツールタイプを使用する
    スクライビングツールとローラーエンボスツールによる対策
    • ツールのニードルのプリロード圧力を下げます

     

  • ドットマトリックスでのマーキングが必要ですが、このためのツールソリューションはありますか?

    このようなマーキングを効率的に作成するには、比較的低い振動周波数(一般に<20 Hz)のニードルエンボスツールを使用する必要があります。

    ツールタイプ グラボスター HAF-20を使用して、統合された周波数設定を備えたこのようなニードルエンボスツールを開発しました。

     

  • CNCマシンでデータマトリックスコードを使用してパーツにマークを付けたいと思います。 これは可能ですか?

    多くのお客様がグラボスターマーキングツールを使用することで、このプロセスを既に実現しています。

    グラボスターはドットを打ち込む機能を持った工具であり、それ自体にマトリックスを生成する機構は無い為、機械メーカー様の

    プログラム制御によりドットの位置をコントロールする必要があります。

     

  • CNCマシンでのリアルタイムデータ(シリアル番号、製造日など)の自動マーキングが必要です。 それはどのように機能しますか?

    各機械メーカー様にご相談ください。

    まだ質問がある場合は、ご連絡ください!

    グラボスター商品ページに戻る

ページの先頭へ