山田マシンツール株式会社は全体最適・工程集約・多種少量生産でお客様の悩みを解決します

YAMADA Solution

PCM 自動盤用ツーリング

自動盤の機能を最大限に発揮する為のツーリング

 

PCM社はスイスのヴィルヌーブにあります。40年以上に渡り工作機械メーカーやエンドユーザーと一緒になってより優れたツールホルダの製造と開発に取り組んできました。

日本国内ではまだよく知られていませんが、欧米では高機能なツーリングとして定評があり、

日本の自動盤にも頻繁に搭載されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

主な搭載実績

シチズンマシナリー株式会社社製 A20、A32、B12、C16-C32、L12、M16など

スター精密株式会社製 SR10J、SR32J、SV20、SV32、SW12、SW32など

株式会社ツガミ製 B026、P034、B07など

 

 

 

 

 

 

ツールホルダ専業メーカーならではの高精度なツーリング、多彩なラインナップ

・小径工具の周速アップ4倍速ホルダ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・ボーンスクリューやインプラントねじの加工に最適 スレッドワーリングホルダ

 

 

 

 

 

 

 

・外径多角形加工の効率化を実現 ポリゴン加工用ホルダ

 

 

 

 

 

 

 

 

・スプライン加工の工程集約を実現 ホブアタッチメント

 

 

 

 

 

 

 

・加工能率向上に寄与します 2倍速多軸ユニット

 

 

 

 

 

 

これらはほんの一部になります。旋盤メーカー機種別の資料も準備しております。

自動盤加工の生産性向上をご希望のお客様はお気軽にお問い合わせください。

ページの先頭へ