ローレット(ナーリング) 常識を変えた新しいローレット技術
トップページ > ローレット

ローレット加工(ナーリング加工)とは

ローレット(ナーリング)ギザギザ形状のことを、フランス語でローレット、英語ではナーリングと呼びます。日本での製造現場で一般的にローレットと呼ばれ、主に丸物の外周に加工しています。
ローレットには主に二つの役割があります。一つは、滑り止めとしての役割です。例えば時計のリューズ、ダイアルのツマミ、100円ライターのローラ、カメラのボス、キャップ等の外周部分はよく目にする代表的なものです。
もう一つ、ローレット(ナーリング)は目に見えない部分でも役割を果たしています。圧入部品(インサート)の接続部に加工して、摩擦係数を上げたりギザギザを食付かせたりすることで、抜け止め・回り止めとしての役割を果たします。


以下は、当社による本ツールに関する技術専門誌掲載論文です。ご参照くださいませ。
PDFファイル「ツールエンジニア 03年9月号」ダウンロード(PDFファイル:629KB)>>


転造方式と切削方式

2種類のローレット加工方法の比較

ローレットには大きく分けて転造方式と切削方式の2種類の加工方法があります。
条件や目的に合せて最適な方法を選択することをお勧めします。

  転造ローレット 切削ローレット
メリット
  • 段差際までの加工に適している
  • 素材径よりローレット山を盛り上げることができる
  • 切削タイプと比べてツールコストを抑えられる
  • 加工幅が短い場合、短時間で加工できる
  • 中空材や細径の加工に適している
  • 長尺ワークの加工に適している
  • チャックやスピンドルの負荷を軽減できる
  • 大きなピッチの加工時、加工負荷が少ない
デメリット
  • 加工できる材質が制限される
  • 切削と比較して、設備剛性を要求する
  • ワーク中間部からのローレット加工ができない
  • 段差のあるワークでは加工範囲が制限される

対応材質・形状

材質 銅・真鍮 アルミニウム
(SS材等)

(SSM材等)
鋳鉄 樹脂 チタン
転造 ×
切削
ワーク形状 段差際 中空材 テーパ部加工 長尺材 中間部加工 内径部加工 小径材
転造
切削 × ×

*上記はあくまで一般的な指標です

  • 段差の際まで加工
    段差の際まで加工
  • 中空ワーク
    中空ワーク
  • 小径ワーク
    小径ワーク
  • 樹脂ワーク
    樹脂ワーク

ローレット(ナーリング)の豆知識

ローレット(ナーリング)のピッチと深さの関係

ローレット(ナーリング)のピッチと深さの関係基本的にローレット(ナーリング)の仕上がりは約90゚(実際は若干鈍角)になります。 ローレット(ナーリング)の深さは溝角度が90゚のときピッチ×1/2となります。

ローレット(ナーリング)のピッチの表し方

  1. m=モジュール 2ピッチ円(山の高さの中心線)から頂点までの距離を表し、外周ピッチに換算するにはこの数値に3.14をかける。
    たとえばm=0.3のときP=0.3×3.14=0.942≒1.0と近似値換算する。
  2. No.=番手 インチの中に何山あるという指示。つまり25.4÷番手=ピッチになる。
    例えば、26番=25.4÷26=0.977≒1.0と近似値換算する。


トップページ > ローレット